20代の看護師求人に強い転職サイトは?

救急外来で求められる看護師の役割とは?この4つを知っておこう!

救急外来の看護師の役割って医療処置や処置介助がメインと思われがちですが、他にも大切なことがたくさんあります。

医師の処置介助以外に、救急外来の看護師に求められる役割についてお話しします!

救急外来で求められる看護師の役割その①・・・救急診療のための環境を整えること

救急外来で求められる看護師の役割の1つ目は、救急診療のための環境を整えることです。

救急診療において、迅速に検査・処置・治療をすることが何よりも優先されます。患者の緊急度が高い場合は、特に必要なこととなります。

救急外来の看護師は、ホットラインから得た情報をもとに、搬送までのわずかな時間で事前準備を行います。

例えば、点滴や採血の準備をしたり、挿管準備をしたり、医師が必要とするだろう物品・薬品を予測して準備しているのです。

わずか数分が患者の生命を左右することもありますので、いかに事前準備が大切かということが理解できるかと思います。

環境を整えるということは、処置介助の延長線にあるものだと感じますね。

また、整理整頓することも環境を整えることになります。

エコーや救急カート、処置台などを使ったあとそのままにしておくと、いざ使いたいときに困ることは目に見えていますよね。

注射器や点滴のゴミをきちんと捨てて、スペースを確保し、決まった場所に整えられた医療物品を配置しておくことは当たり前のことですが、検査・治療と次々と処置が行われている煩雑な状況の中で、医師はそこまで手が回りません。

いつ、どんな患者が来ても対応できるように、救急医療物品(BVM・救急カート・DCなど)の点検も看護師の大切な役割です。

救急外来で求められる看護師の役割その②・・・トリアージ

救急外来には、様々な患者が来院します。その中には、すぐにでも治療をしなければ生命の危機に直結してしまう患者が紛れていることがあるのです。

患者の異常にいち早く気づき、迅速に治療につなげるため、救急外来の看護師に求められる役割として、トリアージがあげられます。

知識や経験はもちろん、わずかな異変を察知できる観察力が何よりも必要になります。

実際、頭痛を訴えて来院される患者は多くいますが、顔色が悪いことや冷や汗に気付き、ウォークインから来たクモ膜下出血の患者を早期治療につなげた看護師もいます。

トリアージとは、来院された患者やその家族が安心して医療・看護を受けてもらうための大切な役割だと感じます。

救急外来で求められる看護師の役割その③・・・患者、家族の精神的なケア

救急外来で求められる看護師の役割の3つ目は、患者やその家族の精神的なケアを行うことです。

患者は、突然救急外来に運ばれ、ストレッチャーの上に寝かされたまま、一気に検査・治療が進んでいきます。

患者の重症度が高いと特に、迅速に治療することに重点が置かれてしまい、「今から何をされるのだろう、これから自分はどうなってしまうのだろう」と不安を感じています。また、強い痛みや不快な症状は患者の不安を増強させます。

救急外来の看護師は、そのような患者の不安を和らげ精神的にサポートできるよう、患者の反応や訴えを受け止め精神的なサポートをすることが求められます。

例えば、丁寧に声かけを行い、患者に分かるよう現状の説明をします。また、安静度に応じて可能な範囲で安楽な体位を整えることや、鎮痛を図るなど、看護師として基本的なことを忘れてはいけません。

また、付き添っている家族自身も突然の出来事に対して動揺していることが多いため、実は医師などの説明が理解できていなかったということも少なくないです。

処置に追われてしまい、看護師として患者や家族の気持ちに寄り添うことを忘れないでくださいね。

救急外来で求められる看護師の役割その④・・・チーム医療における連携・調整役

救急外来で求められる看護師の役割の4つ目は、チーム医療における連携・調整役です。

救急外来は医師・看護師だけでなく様々な職種のスタッフが関わります。つまり、様々なスタッフが働く多くの部署と連携して、検査・治療が進められるのです。

医師は、治療のための処置に専念していることが多く、処置に伴う各部署の調整の多くは看護師がしなければなりません。

例えば、CTやMRIなどの検査1つでさえも、元々予約があるところに緊急で検査してもらわないといけないため、事前に連絡して順番調整してもらわなければいけません。連絡なしに勝手にしていると、スムーズに検査や治療が受けられず患者にも迷惑がかかります。

チーム医療において、スタッフ間の連携が取れている場合、検査・治療がとてもスムーズなのです。

患者により良い医療が提供できるに越したことはないですよね。質の良い医療が患者の予後を左右することを考えるとなおさらです。

迅速に治療に取り組めるよう、救急医療チーム内において潤滑油のような役割が救急外来看護師には求められます。

まとめ

救急外来で求められる看護師の役割についてまとめましたが、いかがでしたか?

救急外来への転職を考えているなら転職サイトがおすすめです。

転職サイトなら救急外来の求人を多く取り扱っているので、希望に合った救急外来を見つけられますよ。

転職サイトランキングを見る