20代の看護師求人に強い転職サイトは?

救急外来の看護師になる!自己PRの書き方のポイント

救急外来の看護師になるための自己PRって何を書いたら良いのか迷うことはありませんか?

自分の長所を他人に伝えようと思うと、意外と難しいものです。

救急外来の看護師に興味がある方のために、採用担当者の印象に残るような自己PRの書き方のポイントをお伝えします。

自己PRってそんなに大事なの?

救急外来の看護師になるための転職や就職活動において避けては通れないのが、履歴書の記入です。

経歴、志望動機、そして自己PRの記入は必須と言えるでしょう。

志望動機では、その病院の救急外来を選んだ理由や、魅力に感じた点を書きますが、それだけでは自分が気に入った点を一方的に相手に伝えただけに過ぎません。

自己PRでは、学歴や職歴だけでは伝えられない、仕事に対する姿勢やスキルなど自分のアピールポイントを採用担当者に売り込むことができます。

つまり「私を採用することでこんなことが期待できますよ、こんな風に役立ちますよ」ということを知ってもらう、大切な項目と言えるのです。

もし、同じような経歴の学生や看護師がいた場合、比較検討における重要項目になるのです。

「自分の長所を自分で伝えるなんて恥ずかしい…」と謙遜しすぎると、「この人はどんな魅力があるのかよく分からないなぁ。他の志望者の方が自分の良さを活かして働いてくれそうだ」なんて思われることも。

必ずしっかり書きましょう!

ちなみに志望動機の書き方に関しては、当サイトの「救急外来の看護師を目指す!志望動機の書き方のポイントとは?」を参考にしてみてくださいね。

応募した病院の救急外来の特色を把握する

救急外来の看護師になるための自己PRとして、ただ単に自分の長所を述べても説得力が全くありません。

なぜなら、採用側(病院側)のニーズと自分の長所がずれていると、「欲しい人材がいた!」と思わせることが難しいからです。

救急外来と一言で言っても、1次救急であったり2次救急であったり、ER型のシステムをとっていたりと様々です。

もちろん病院の方針によって目指している救急外来の方針も違いますからね。

そのため、志望する病院について詳しく知り、病院の理念や事業方針に合った自分の長所をアピールするべきでしょう。

自己PRを考える前に事前にしっかりと調べることから始めてください。

自分の経験を具体的に書く

救急外来の看護師になるための自己PRを書くにあたって、「私は明るく前向きに仕事をします」や「努力を惜しみません」など、理由のない単なるアピールだと真実味がないなと思われる可能性があります。

「私は明るく前向きに仕事をします」→「私の笑顔に元気をもらったと言っていただいたことがあり、患者様に笑顔で寄り添っていくことを大切にしています。」

「努力を惜しみません」→「分からないことがあればすぐに調べるようにしており、院外研修にも積極的に参加しております」

このように、経験してきたことや、実際にどのような取り組みをしてきたかと言うことを理由として挙げることで、信ぴょう性が増すのです。

経験をもとに救急の現場でどのように活かせるかアピールする

救急外来の看護師になるための自己PRにおいて、病院のニーズを把握し、具体的に自分の長所を説明できたとします。

しかし、最終的に救急外来の現場においてどのように貢献できるのかといった点を伝えられなければ、「救急外来の採用じゃなくても良さそうだ」と思われる可能性があるのです。

もし、あなたが救急外来の勤務が未経験であったとしても、看護師として経験してきたことや培ってきたことは、救急外来において活かせることが必ずあります。

また、新人だったとしても、「新人だから看護師としてアピールできることがない」と思う必要はありません。

あなたの性格の長所などでも良いのです。または、部活動や学校生活などで培ったことをアピールするのも良いでしょう。

・急性期病棟で働いていたため、バイタルサインや患者の容態の軽微な異変にも敏感に対応することができます

・運動部でのマネージャーの経験があり、協調性があります。プレー中の突発な怪我の対応もしていたため、迅速に動くことや応急処置が得意です

このように、救急外来で働くにあたって、看護師としてどのように貢献できるのか、どのように貢献したいのかをアピールしましょう!

経験してきたものほど説得力のあるものはないですからね。

まとめ

救急外来の看護師になるための自己PRについてまとめましたが、いかがでしたか?

今までの自分の経験を振り返りながら、救急外来の看護師としてどのように貢献できるのかアピールしてほしいと思います。

それでも自己PRに不安があるならば、転職サイトがおすすめです。

転職サイトなら、経歴を参考にした自己PRについてのアドバイスもしてくれますし、希望する救急外来を一緒に探してくれますよ。

転職サイトランキングを見る