20代の看護師求人に強い転職サイトは?

救急外来の看護師のアルバイトを探すときにチェックしたいポイント4つ

救急外来の看護師のアルバイト求人は様々なものがあると思いますが、何に気を付けて探していますか?

「未経験可能」、「ブランクあり可能」だから大丈夫だろうと思っていると、「こんなはずじゃなかった!」と思う状況になりかねないのです。

そこで、救急外来の看護師のアルバイトを探すときにチェックしたいポイントを4つお伝えします。

救急外来の看護師のアルバイトを探すときにチェックしたいポイント①・・・看護師の人数

救急外来の看護師のアルバイトを探すときにチェックしたいポイントの1つ目は、勤務時の看護師の人数です。

看護師が何人体制で勤務しているのかは、救急外来の規模や搬送件数によって施設ごとに違いがあります。

もし、看護師1人で対応しなければならない病院だったらどうでしょう?

「あまり搬送がないから」と言われたとしても、救急外来である以上、どれほどの搬送があるのか分かりません。どれだけ忙しくなっても、誰も手伝ってくれませんよ。

また、物品の配置やカルテだけでなく処置介助において分からないことがあっても、フォローしてくれる人がいない状況です。

迅速さが求められる救急外来で、分からないでアタフタしている状況なんて、考えただけでも恐ろしいです。

救急外来のアルバイトを探すときは、看護師1人体制は避け、フォローができる程度の看護師がいる救急外来を選ぶことをおすすめします。

救急外来の看護師のアルバイトを探すときにチェックしたいポイント②・・・搬送件数

救急外来の看護師のアルバイトを探すときにチェックしたいポイントの2つ目は、搬送件数です。

救急外来の規模や診療科によって、搬送件数は全く違います。

帰宅可能な軽症患者が多い1次救急はちょっとした怪我から病気まで対応するため、処置に追われることもあります。

また、ER型の救急外来では、1次~3次救急まで幅広く受け入れるため、患者数が多く忙しくなりがちです。

もちろん救急外来ですから、搬送される患者やウォークインで訪れる患者数は日によってばらつきがあり、断定できません。

しかし、平均してどれくらい患者が来ているのか、勤務する看護師が何人体制なのかということを合わせて考えることで、どの程度忙しい救急外来なのか予測することは出来ますよね。

あなたが救急外来の経験がある看護師だとして、「患者が多くてもさばけます!」という人なら多少忙しくても問題ないでしょう。

でも、救急外来の経験がなかったり、搬送数の多くない病院で働いていたり、ましてやブランクのある看護師なら、「こんなに忙しいなんて。どうしよう!」と思うかもしれません。

自分自身の経験値やキャパシティを考慮して選ぶことをお勧めします。

救急外来の看護師のアルバイトを探すときにチェックしたいポイント③・・・受け入れている診療科・重症度

救急外来の看護師のアルバイトを探すときにチェックしたいポイントの3つ目は、受け入れている診療科と重症度です。

救急外来といっても、病院自体が掲示している診療科以外の搬送を受け入れることは出来ません。

夜間のCT撮影に時間がかかるため交通事故は受け入れていない病院や、当直に専門医がいないからその日の脳外科は受け入れられないなど様々な制限があります。

また、ある診療科に特化しているような病院では、普段は2次救急までしか受け入れていないが、その診療科に限り重症でも受け入れるような病院もあります。

「心臓血管外科に強みがあるからIABPが装着された患者の転院を受け入れたけど、私はIABPなんてみたことない!超重症で怖い!」なんてこともあり得るのです。

あまり経験のない診療科の患者を看護するとなると、「分からない。どうしよう。」といった状況に陥ってしまうので、受け入れている診療科と重症度の確認はしてほしいと思います。

救急外来の看護師のアルバイトを探すときにチェックしたいポイント④・・・業務内容

救急外来の看護師のアルバイトを探すときにチェックしたいポイントの4つ目は、業務内容です。

救急外来の看護師と言っても、救急外来における処置や医師の介助だけではない病院もあります。

特に夜間では、透視室や内視鏡の看護師がおらず、救急外来の看護師が介助に入らなければいけないことがあるのです。

また、心臓カテーテルの介助も救急外来の看護師がする病院もありますよ。

「内視鏡の準備?心カテの介助?そんなのしたことないのに!」なんて状況はつらいですよね。

ブランクがある看護師だと、準備の方法は分っていても、「以前と比べて機械も処置も変わっていて分からないわ!」なんてことも有るかもしれません。

さらに、あまり救急外来の受け入れをしていない小さな病院だと、暇なときは病棟などの応援にいくところもあります。

「こんなことするなんて聞いてないー!」ということにならないように、救急外来の看護師のアルバイトとして、どこまで求められるのか確認してほしいと思います。

まとめ

救急外来の看護師のアルバイトを探すときにチェックしたいポイント4つをまとめましたが、いかがでしたか?

施設によって、看護師に求められる役割が大きく違いますので、事前にしっかりと確認してほしいと思います。

救急外来の看護師のアルバイトを探すのなら、転職サイトがおすすめですよ。

転職サイトなら、救急外来の求人も取り扱っていますし、担当コンサルタントに細かく業務内容を確認することができます。

転職サイトランキングを見る