20代の看護師求人に強い転職サイトは?

救急外来の看護師の給料事情!手当などで気を付けたいことは何?

救急外来の看護師の給料ってどのくらいなのでしょう?さまざまな手当も聞くけど、どのようなものか知っていますか?

救急外来の看護師の給料事情について説明します。

救急外来の看護師の給料は高い?

救急外来っていつも忙しく、していることもハードで、テキパキ動いてさばける看護師が多いだろうから、何となくそんな「デキル看護師」の給料って高いようなイメージがありますか?

…その答えはNOです!

もちろん一概には言えませんが、一般病棟や一般外来の看護師と基本給は変わりません。病棟の看護師も夜勤をしていますから、同じ程度の夜勤回数だと、ほぼ変わらないことが多いでしょう。

地域や病院の規模によって違いはありますが、救急外来の看護師の年収も平均して400万円ほどです。

それでもなぜ、救急外来の看護師の給料が高いイメージがあるのでしょう?

夜勤が多いから

救急外来の看護師の給料が増える要因として、救急外来の夜勤回数に答えがあります。

救急外来は24時間、いつでも救急車の受け入れができるよう、日勤と夜勤の看護師の配置が変わりません。その分、夜勤回数が多くなるのです。

「夜勤回数が多い=夜勤手当が増える」ため最終的に給料が高く感じるのです。

つまり、それだけ過酷な勤務をしているということを理解しておかねばなりません。

救急外来の看護師の中には、「こんな大変な勤務をこなしているのに給料に反映されていない、割に合わない」と感じてしまう人がいることも事実です。

救急外来特有の手当があるイメージがあるから

救急外来って特殊な部署だから、そこで働く看護師には救急外来特有の手当がついているイメージがある方もいるかもしれません。

病院によって名称に違いはあるでしょうが、よく耳にするのは、「危険手当」や「特殊業務手当」と呼ばれるものではないでしょうか。

しかし、これらの手当は数千円~1万円程度で、給料アップに大きく関与しているとは言えないでしょう。

もちろん、どのような手当てが付くかどうかは病院次第ですので、これらの手当がつかない救急外来もあります。

小さい規模の救急外来だったんじゃないの?と思う人もいるかもしれませんが、私の場合、年間搬送件数1万件を超えるほど忙しいER型の救急外来でもこのような手当てはありませんでした。

少しでも手当が必要だと考える方は、どのような手当てを付けてもらえるのか、きちんと確認しないといけません。

救急外来の看護師が給料をアップさせるにはどうするべき?

では、救急外来の看護師が給料をアップさせるにはどうすればよいのでしょうか。

正直なところ、基本給は昇級しない限り変わらないので、手当を充足させていくしかないでしょう。

夜勤回数をこなすか、残業手当がきちんと支払われる救急外来で働くしかありません。

しかし、忙しい救急外来でも、病院によっては勤務交代の時間になると患者を引き継ぐため、あまり残業がない病院もあるのです。

また、残業していても、なんとなく残業代の申請がしづらい風習の病院もありますので、注意が必要です。

手当以外の面で給料アップを目指すならば、長期的な視点でキャリアアップしていく方法もあります。

救急外来で役に立つ資格や研修を受講し、救急外来の看護師として少しずつステップアップをして、師長などにアピールする方法です。

ステップアップに積極的に取り組み、確実に実力が付くと、「この看護師はうちの病院の救急外来に貢献してくれる存在だ」と思ってもらえますし、認定看護師や主任の話が出てくるようになるかもしれません。

ちなみに、救急外来の看護師に役立つ資格や研修については、当サイトの「必見!救急外来で働く看護師におすすめの研修」(リンク)、「救急外来の看護師におすすめの資格は?この4つをおさえよう!」(リンク)を参考にしてみてください。

いずれにしても、長い目で見ていくしかないでしょう。

救急外来の看護師の給料は仕事のやりがいと休息のバランスが大事!

救急外来の看護師の給料についてお話してきましたが、給料アップのために夜勤回数を増やしたり、いつも残業が多い職場で働いたりしていることを想像してみてください。

…どうですか?とても過酷そうではないですか?

少なくとも入職を希望した時には、救急外来で働きたいという気持ちや興味があったはずなのに、こんなに過酷な状況が続くと、仕事に対するモチベーションが下がってしまいます。

また、残業が多いと「仕事が終わって家に帰るともう寝るだけで精一杯!」という状況になり、プライベートの充足にも大きく関わってきます。

「たしかに給料はあがったけど、こんなに毎日大変で割に合わない!」と思ってしまっては本末転倒ですよね。

仕事にやりがいがあって、プライベートの時間もきちんとあって、それなりに給料があれば、「充実していて頑張れる!」と思えるのではないでしょうか。

給料をあげることばかりにとらわれないようにすることも大切です。

まとめ

救急外来の看護師の給料についてまとめましたがいかがでしたか?

救急外来の看護師の給料は夜勤や残業によって多く感じますが、給料と休息のバランスがとても大切です。

救急外来に興味がある方は、転職サイトがおすすめです。救急外来の求人も多く扱っていますし、担当コンサルタントを通して給与面についての詳細も確認することができますよ。

転職サイトランキングを見る